フォト
無料ブログはココログ

« パワーアップしました♪ | トップページ | portable manpack radio その2 »

2016年11月 1日 (火)

portable manpack radio その1

前回の記事を実現化しつつあります。

20161028_125224
バランスがイマイチだけどフレームはこんな感じ。

12.7mmの銅管を使用。重量は約840g、機器を固定するためのアルミ部材を入れて950gほどです。

20161101_182204
塗装するとこんな感じ。

20161101_182252
横にするとこんな感じです。

リグとチューナーの奥にバッテリーを配置する感じです。

バッテリーしだいですが、バッテリー抜きで4.5kgぐらいですね。

この程度を担いで山に登るのはたいした事はないけど、もっとコンパクトに出来そうなんですがこのまま運用できるようにとりあえず組み込む予定です。

さぁどうなることやら・・・。


にほんブログ村

« パワーアップしました♪ | トップページ | portable manpack radio その2 »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
埼玉、飯能のあぶJP1QECといいます。
素敵なキャリアですね。フレームを銅にするのには何かわけがありそうです。
バッテリーはFT-857だとガンガンでしょうか?
鉛だとかなり重くなるでしょうね。
楽しみにしております(^^♪

あぶさん、おはようございます

はじめまして、コメントありがとうございます。
銅管を使用したのは先人を真似ただけと仕事柄手に入りやすいからです(^-^;
でもアースにもなるのかな?とか思っています。

ガンガンってなんだか解らなかったので検索してみました。
自分には高価過ぎて・・・これ以上はもう手が出せません・・・
たぶんリチウムイオンのバイク用バッテリーにすると思います。
それでも高価なのでもしかしたら最初は鉛かも(^-^;

今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1365692/68209888

この記事へのトラックバック一覧です: portable manpack radio その1:

« パワーアップしました♪ | トップページ | portable manpack radio その2 »