フォト
無料ブログはココログ

« JARDの保証はおりたけど・・ | トップページ | 帰りがけに天覧山にてQRV »

2017年7月29日 (土)

この記事を読んだ人には受講を勧めます

突然家族が目の前で倒れたとき、あなたならどうしますか?

あなたに何が出来ますか?
(自分に何が出来るだろか?)

しょっぱなから何かショッキングな言い回しですみませんでした。

本日最寄の消防署で上級救命講習を受けてきました。かなり昔に人工呼吸や心臓マッサージなどを習ったことがありますが、時間が経つと忘れてしまいますね。

突然家族や身内が倒れたときを想定して、どう対処したらいいのか?

そのとき何をしたら良いのかを教えていただきました。

どんな内容だったのか?、どうしたらいいのか?はあえて触れませんが、各自治体の消防で行っていると思います。

この記事を目にした人は、是非問合せの上受講してもらえればと思います。

朝9時から17時までと長いのですが、家族や身内のためにもこの講習会を受けて基礎知識と色々な実技体験をして突然死を少なく出来たら良いと思います。

年々新しい考え方や方法など変わるらしいです。何回受けても良いと思います。

自分もまた受けたいと思います。


にほんブログ村

« JARDの保証はおりたけど・・ | トップページ | 帰りがけに天覧山にてQRV »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

もしも自分が倒れた時・・・。
家族にどうして貰いたいか?
家族はどうしてくれるのか?
家族会議、開いておいた方が良いかもよ?!

hasegawaさん、こんばんは

そうですね、家族会議は大事ですね。
もしかしたら助けないでほしいと言うかもしれませんので聞きたくないかも・・・

でも子供が目の前で意識を失ったときに、黙って見殺しには出来ませんよ。
逆に自分が倒れたときに身近に居る人に一次救命処置を施してほしいです。
そしてまた仕事して遊びに出掛けるチャンスを与えてもらいたいです。

タダだたら話のねたに1日受けてみてはいかがですか?

東京はねぇ、有料なのよ!(最近はどうかな?)
東京宅の自治会では、随分前から出張講習して貰ってました。
おいらの発案です!
講習料は自治会会計。

おいら昨今、日程合わずで参加してないが・・・。

hasegawaさん、おはようございます

さすがですね♪
今後も啓発活動に期待しています。

東京の親戚のおばさんも来年80歳になるのかな?? そのおばさんも毎年普通救命救急講習を受けているそうです。
たしか町内会で費用負担しているといってました。
参加する人がいないから仕方なく行ってるとか・・・

あ~、実はね~、当自治会の昨今も同様です・・・。
高齢化だから仕方ないよね。
高齢独居とか高齢夫婦宅・・・。
消防職員もこっそり言ってましたが、「若い人にもっと受講して欲しいんですが・・・」と。

だからおいら、爺ちゃん婆ちゃんに言ってんの・・・、
「自分が倒れた時、AED拒否すんのもありだよ~!?」って・・・。
おいらもそんな歳に近づいた!

hasegawaさん、

自ら拒否できる状態なら、そもそもAEDなど使わないですし、仮に使っても「電気ショックを与えないでください」みたいな指示が本体からアナウンスされます。
なんでもない人に通電すると死に至るそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« JARDの保証はおりたけど・・ | トップページ | 帰りがけに天覧山にてQRV »